白河ロッカビリィ夜船

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序章~3

『MICKEY LIPS』に入ると毎週のようにダンパ、ダンパに明け暮れてて、ある日1コ上の先輩から『俺らバンド組んだんだけどライブやるから見に来て』と言われました。
僕らの言うバンドとは当然ロックンロールな訳で、そのつもりで見に行ったら...
グレッチのギターに立ちドラム、ウッドベースの3人がスゲー攻撃的な演奏をしちゃってる訳ですよ。
『ヤバイ、ツイスト踊れねえよ』
当時、ストレイキャッツとかはよく聴いたけど目の前にそんなスタイルのバンドなんて居なかったから、すごい衝撃的でした。(ダンパ行っていろんなバンドは居たけれど、ブラックキャッツもやればダイアナなんかも演っちゃうようなバンドしか見たことなかったし)
まして、今まで気にも留めなかったスラップベースなんか生で感じたのも初めてだった。
この時が本当の意味でロカビリーとの出会いでした。

それからはもうすべてロカビリー一色。

当時はストレイキャッツに代表されるネオロカビリーが流行っていて、日本にもいくつかのバンドがあった。
そのレコードを擦り切れるまで聴きまくって、その曲がカバーだなんて知るととことん原曲を探しまくって...

そんなこんなでいつしか自分もバンドをやりたいと思い、友人達とヘタクソなバンドをやるようになるのでした。
昔の写真



そのまま時が過ぎ、おっさんになっても Keep a rockin' しています...おわり

次からは適当にいろんなもの紹介していきます。

スポンサーサイト

« ウッドベース|Top|序章~2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hiro4636.blog41.fc2.com/tb.php/5-fd2e9572

Top

HOME

ダイナマイトどんどん

Author:ダイナマイトどんどん
田舎町で
狂い咲きサンダーロード

未分類 (219)

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。