白河ロッカビリィ夜船

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序章~1

ロッカビリィ云々と大げさなブログ名を付けてはみたものの、今更ロカビリーの歴史やなんやかやを紹介するほど知ったかぶりでもないので、とりあえず私(40歳のおっさん)が辿ってきたロカビリーとの出会いなんかを書いてみます。
同年代なら多分みんなこんな感じだと思いますよ。

時は1980年代初頭、女の子と手なんかつないだり目が合ったりしただけでどこか切なく、ムズがゆくなってしまうような小学生のハナタレ小僧のヒーローといえば『エルヴィス』...ではなく、『ジャッキー・チェン』や『アムロ・レイ』でした。

よく、ロカビリーについて解説なんかしてる人の話しで『一番最初に買ったレコードはエルヴィス』ですなんて言う人がいるけど俺なんか佐々木功の『宇宙戦艦ヤマト』だもんね。(そういや佐々木功も和製エルヴィスなんて呼ばれていたみたいだけど)

ま、前置きはそのぐらいにして、ロカビリーとゆうかそんな感じなものに初めて出会ったのは中学1年生の時かな。

当時は『シャネルズ』や『ヴィーナス』なんかがお茶の間に登場して50'sブームなんて言われてて、学校に行くと『クリームソーダ』や『ペパーミント』の財布をケツに差してツイスト踊ってる先輩が沢山いました...坊主頭で
そんな感じでこんな田舎町白河にもロックンロールチームがあったりして、カッコよかったんですよ。
また、そんな事やってる先輩たちってオシャレで女の子にもモテてね。

『俺もやってみたいなぁ』なんて思うんだけど50'sの意味もロックンロールなんてのもよっく解らないし、とりあえず見た目からマネしてみっかと、今は無きイトーヨーカ堂でボウリングシャツモドキとツータックのスラックス(裏地がギンガムチェック)を買ってもらって人知れずツイストの練習したりして...だけど靴はジャガー∑...で、坊主頭

でも、その当時はヤンキーもローラーもごちゃ混ぜだったからいろんなものに興味があって『絶対俺はロックンローラーだ』なんて感じではなかったかな。(だいたい人より目立つと先輩に目つけられるし)

そんな感じでシャバい中学生活が過ぎ、高校に入ってようやく今では切っても切れないロカビリーと出会うのです...つづく?
スポンサーサイト

« 序章~2|Top

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hiro4636.blog41.fc2.com/tb.php/3-34f74434

Top

HOME

ダイナマイトどんどん

Author:ダイナマイトどんどん
田舎町で
狂い咲きサンダーロード

未分類 (219)

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。