白河ロッカビリィ夜船

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永瀬正敏

前記事でちょこっと触れましたが、この人もいい感じの役者になりましたねえ。
しかし、『ションベンライダー』で俳優デビューしてからは、自分のスタイルを確立するためにだいぶ苦労したようです。
そんな時に出会ったのが『ヒルビリーバップス』のメンバー。
特に亡くなってしまった宮城さんとは親友だったそうです。
そんな訳で前記事の『寅次郎の~』では彼らの歌を映画で披露したんでしょうね。
その他にも、彼が今のスタイルを不動のものにしたジム・ジャームッシュ監督の『ミステリートレイン』に出演した際、舞台となった世界のロカビリー野郎の聖地、メンフィス『SUNスタジオ』で彼らの『ブルームーンオブケンタッキー』のデモテープをフルボリュームでかけたなんて逸話もあります。
middle_1167964802.jpg

その他にも彼らの『夢見る頃を過ぎても』をカバーしてCDを出したり(For the boys)
彼のオリジナル『キネマの屋根裏』なんて曲は、やはりヒルビリーのベーシスト川上さんが率いる『ヴィンセンツ』がバックを務めたりと、とても良い関係だったのでしょう。(今もだろうけど)

因みに永瀬正敏オフィシャルHP『ロケットパンチ』の中で宮城さんへの想いを書いた記事があります。
泣きます...
http://www.rocket-punch.co.jp/framepage_essay.html
スポンサーサイト

« BLUE CAPS|Top|男はつらいよ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hiro4636.blog41.fc2.com/tb.php/16-ecfa889a

Top

HOME

ダイナマイトどんどん

Author:ダイナマイトどんどん
田舎町で
狂い咲きサンダーロード

未分類 (219)

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。